モロヘイヤ効果研究所
モロキッチン

シリアのモロヘイヤ煮びたし風

シリアのモロヘイヤ煮びたし風
材 料(2〜3人分)
乾燥モロヘイヤ
40g
パクチー
20g
ニンニク
2かけ
ドライコリアンダーシード
小さじ 1/2
ミックススパイス(オールスパイスでも可)
小さじ 1/2
チキンスープ
約500cc
茹でた鶏肉
お好みの量
大さじ1
塩、レモン
少々

※ シリアでは一般的に乾燥したモロヘイヤを使います。日本では入手しにくいので、モロヘイヤの生葉でも代用できます。生葉の場合は 200g 程度を使用します。

作 り 方

 乾燥モロヘイヤはよく洗い、水に10分ほど浸ける。手で絞って水気を切る。

 鍋に油大さじ1杯を熱し、モロヘイヤを炒める。完全に水気が飛び、お茶のような香りがしてくるまでよく炒める。

 チキンスープ、スパイス類を加え10分ほど煮込む。

 鶏肉を適当な大きさに裂く。ニンニクは塩少々をまぶしてすりつぶす。パクチーはみじん切りにする。これらを鍋に加え、更に10分ほど煮込む。塩で味を調える。

 できあがりは汁が少し残っています。レモンをぎゅっと絞って、シャイリーヤ入りのごはんに合わせて食べましょう。

チキンスープの作り方

チキンスープは鶏肉、玉ねぎ、シナモンスティック、ベイリーフ、カルダモン、クローブ、塩(小さじ1杯)を水から茹でます。鶏肉は、好みの部位でいいですが、骨付きだとおいしいスープが取れます。骨付きもも肉4本で、700ccぐらいのスープが取れます。

スープの素でも代用できます。濃いめのしっかりしたスープを使うとおいしく仕上がります。

スープの分量は、500ccから1リットルぐらいの間で、好みの濃度を調整してください。

シャイリーヤ入りのごはんについて

シャイリーヤ入りのごはんは、シャイリーヤという細いパスタをバター(または澄ましバター)で炒めて米と一緒に炊き込んだものです。アラブ・中東では、非常に一般的な食べ方です。

日本の普通のごはんに合わせてもおいしくいただけます。少し硬めに炊いた方が合います。

aqui(アキ)

レシピ作成

aqui(アキ)

アラブ料理とお菓子の研究家。調理師学校卒業後、ロンドン、東京のレストランに勤務。アラブの食文化、特にお菓子に興味を持ち2008年シリアへ渡る。シリアに2年半、エジプトに7年滞在。アラブ、中東各地に足を運び、お菓子工房や地元のお母さんから家庭料理やお菓子を学ぶ。2019年3月より日本に拠点を移し活動中。

モロヘイヤのレシピ集
モロヘイヤとキクラゲの辛子和え
モロヘイヤとキクラゲの辛子和え
シリアのモロヘイヤ煮びたし風
シリアのモロヘイヤ煮びたし風
エジプトのモロヘイヤスープ
エジプトのモロヘイヤスープ
モロヘイヤのネバネバ冷製カッペリーニ
モロヘイヤのネバネバ冷製カッペリーニ
モロヘイヤのペペロンチーノ
モロヘイヤのペペロンチーノ
さぬきのヘイヤのガスパチョ(冷製スープ)
さぬきのヘイヤのガスパチョ(冷製スープ)
さぬきのヘイヤのとろろ冷奴
さぬきのヘイヤのとろろ冷奴
鶏もも肉とさぬきのヘイヤのオイスターソース炒め
鶏もも肉とさぬきのヘイヤのオイスターソース炒め